電子契約導入で得られる具体的安心や信頼性とは?

電子契約導入で得られる具体的安心や信頼性とは?

電子データで契約をするする電子契約システムが導入されるケースが増えている中で、このようなサービスの信頼性が気になるという人もいるのではないでしょうか。
電子契約はインターネット環境があればウェブから契約を交わすことのできるシステムです。
契約の手続きをスピーディにすることが出来るようになるメリットがありますが、活用するには安心して利用できるかどうかが重要になるからです。
電子データでの契約は紙の書類を用いて契約するよりも、紛失や改ざんのリスクが低いといわれています。
というのも紙の書類の場合には紛失したり、改ざんされたりする危険性もあるからです。
しかし電子契約システムの場合には、これらのようなリスクは比較的低いといわれています。
電子契約なら、紙の書類のように保管中や郵送中に紛失してしまうことがありません。
さらにもし不正にアクセスされたとしても、電子データでの契約なら証拠が残り誰が不正をしたのかがはっきり判明します。

電子契約システムでは閲覧権限にも配慮すべきです。

電子契約システムを導入する際には、誰が相手と契約できるのかを設定すると共に誰が契約書を閲覧できるのかを綿密に設計する必要があります。
なぜなら、情報漏洩を食い止めなければならないからです。
書面による契約と同様、電子契約システムにおいても契約書は原則として部署単位で管理するのが基本ですが、中には同じ部署のスタッフであっても閲覧を制限すべきケースもありますし、逆に他部署のスタッフとも共有すべき性質のものが存在します。
また、電子契約システムでは管理者は全ての文書を閲覧できるのが基本ですが、たとえ管理者であっても閲覧すべきではない類も契約が存在するかもしれません。
さらに、退職予定者による異常なアクセス状況がないかどうか把握することも時として重要になるでしょう。
このようなケースも想定しながら、閲覧権限を細かく設定していく必要があるのが基本的な考え方です。
サービスを決定する前に、閲覧権限を柔軟にカスタマイズできるものを軸に選定していくことが求められます。

電子契約に関する情報サイト
電子契約について詳しく解説

当サイトは在宅ワーク時代に必須ともいわれている、電子契約の豆知識から基本情報までご紹介いたします。これから導入を検討しているけれど、初めてなので不安だというのであればぜひ参考にしてみてください。電子データで契約をするサービスを利用することで得られるメリットとはなにかも解説しています。さらに電子データでの契約導入で得られる具体的な安心や信頼性に関しても触れているので、詳しく知りたい人におすすめです。

Search