電子契約サービスで得られるメリットとはなにか?

電子契約サービスで得られるメリットとはなにか?

電子契約サービスの導入によって得られるメリットは、大きく分けて3つあります。
1つ目はコストを削減できることです。
契約書に紙を用いる場合、契約の種類や金額に応じて1件につき200円から数十万円の収入印紙を貼るよう法律で定められています。
しかし、課税の対象にならない電子契約には収入印紙を貼る必要はありません。
また、契約書の印刷代やインク代、郵送費のような費用の削減にも役立つでしょう。
2つ目は業務の効率化につながることです。
紙の契約書では、1つの契約を締結させるために印刷や製本、押印といった手間がかかります。
電子契約の場合は事務作業を省略することができるほか、クラウド上で契約の内容に対する合意が得られるので契約締結がスムーズになるでしょう。
3つ目はリモートワークに対応できることです。
プリンターや判子が手元にない状態でも契約書を作成することが出来るため、契約書のために会社に出勤する必要がなくなります。

契約締結までをステータスで管理できる電子契約

電子契約はクラウド上ですべての契約締結を行えるサービスです。
書面の契約とは異なり、紙の印刷や相手方への送付、印鑑の押印の処理などの必要がなく、インターネットを通したやり取りで全て完結できるのが特徴です。
契約締結までの流れがスムーズのため、これまで使っていた時間やコストを大幅に削減することができるでしょう。
また、クラウド上で契約を進めていくサービスとして、契約が完了するまでのステップを随時確認することができます。
複数の取引先を相手に多数の契約を同時に進めている場合であっても、クラウド上でどの契約がどこまで進んでいるのかといったステータスを確認しながら、作業漏れ防ぐことが可能です。
書面で行なっていた契約よりもスピーディーかつ確実のため、電子契約は幅広い業界で採用されています。
書類の郵送のための郵送費や、控えを管理するためのスペースの削減にも役立つなど、多種多様なメリットがあるのが電子契約です。

電子契約に関する情報サイト
電子契約について詳しく解説

当サイトは在宅ワーク時代に必須ともいわれている、電子契約の豆知識から基本情報までご紹介いたします。これから導入を検討しているけれど、初めてなので不安だというのであればぜひ参考にしてみてください。電子データで契約をするサービスを利用することで得られるメリットとはなにかも解説しています。さらに電子データでの契約導入で得られる具体的な安心や信頼性に関しても触れているので、詳しく知りたい人におすすめです。

Search