在宅ワーク時代に必須!電子契約の豆知識や基本情報をご紹介いたします!

当サイトは在宅ワーク時代に必須ともいわれている、電子契約の豆知識から基本情報までご紹介いたします。
これから導入を検討しているけれど、初めてなので不安だというのであればぜひ参考にしてみてください。
電子データで契約をするサービスを利用することで得られるメリットとはなにかも解説しています。
さらに電子データでの契約導入で得られる具体的な安心や信頼性に関しても触れているので、詳しく知りたい人におすすめです。

在宅ワーク時代に必須!電子契約の豆知識や基本情報をご紹介いたします!

在宅ワークが増えたことにより、近年話題の電子契約の導入を検討しているという人も多いのではないでしょうか。
様々なメリットがある電子契約システムは、インターネットで契約を締結するシステムです。
紙の契約書とは異なる特徴がある電子契約は、事務処理を効率化することに繋がるほかコンプライアンスの強化にも役立ちます。
さらに印紙税がいらなくなるためコストの削減にもなるため、まだ導入していないのであれば検討するべきです。

ネット上にも電子契約サービスが一杯!比較サイトで賢くサービスを選ぼう!

いつでも場所を選ばずに簡単に契約手続きを進めることができるとして注目を集めている電子契約サービスは、様々な種類のものがあるためどれを選べば良いか迷ってしまうという人は多いのではないでしょうか。
確かに電子契約サービスは有料のものから無料で利用し始められるものまで色々あるため、迷ってしまっても何らおかしいことではありません。
そのような場合には比較サイトを利用して、自分に合ったサービスを選ぶことをおすすめします。
電子契約サービスの比較サイトでは、いくつものサービスをまとめてチェックすることが可能です。
これらを1つずつ公式サイトを確認して、サービス内容や料金などを比べるのは手間のかかる作業となります。
しかし一度の複数の電子契約サービスについて情報を集められるサイトがあれば、自分に合うサービスを見つけやすくなるはずです。
料金やサービス内容の特徴、提供企業などを比べて使いやすく納得のサービスが選べます。

裁判沙汰になるなどリスク回避は必須!信頼できる電子契約サービスを選ぶポイント

電子契約サービスを選ぶ際のポイントとして1番に挙げられるのは、セキュリティ対策を徹底していることです。
電子契約サービスを利用する場合は、不正アクセスによる情報の漏えいや改ざんを防がなければいけません。
取引先からの信頼を失ったり、多大な損失を被ったりするリスクがあるからです。
電子契約サービスは当事者の指示に基づき第三者が署名を行う立会人型と、当事者の電子署名を付与する当事者型の2種類に分けられています。
立会人型は当事者型に比べてスピーディーかつリーズナブルに契約を締結できるという特徴を持つものの、成りすましで契約を締結されてしまうというリスクもあります。
トラブルによって裁判沙汰になってしまう可能性もあるため、十分な安全性が担保されているサービスを選ぶようにしましょう。
しかし、セキュリティ対策に重きを置きすぎるとかえってコストや手間がかかってしまうので、自社のレベルや導入する目的に合ったものを選ぶことが重要になります。

信頼できる電子契約サービス選びのポイント①電子署名法など法律にのっとった運営サービス

電子契約サービスを選ぶ際に重要となるポイントは、大きく分けて2つあります。
1つ目は電子署名法2条の要件を満たしていることです。
2条1項1号では、PDF署名パネルに電子文書の作成者が明示される必要があると定められています。
当事者型の場合は署名パネル上に作成者の名義が記録されるか、立会人型の場合は署名の詳細欄などに作成者を記録できるかについて確認するようにしましょう。
また、2条1項2号では公開鍵暗号方式によるデジタル署名を用いていることが求められています。
法律にのっとった電子契約サービスか否か判別がつかない場合は、法務省が商業登記に用いることが出来ると認めたサービスの一覧を確認してみてください。
2つ目は電子署名法3条の要件を、取引先に負担を掛けずに満たしていることです。
二要素認証などを用いて十分な固有性が確保されているとともに、取引先に対して大きなコストの負担が発生しないことが必要になります。

信頼できる電子契約サービス選びのポイント②法的な本人性担保が可能(ガバナンス重視)

契約書類の印鑑には、その性質に応じて認印・契約印・実印が使い分けられています。
同様に電子契約においても使い分けられます。
そして、法的効力があり偽造防止にも対応できる電子署名方法は2種類あります。
まず実印タイプです。
これは電子認証局により、厳格な本人確認を経て発行された電子証明書で電子署名を行うサービスとなっています。
法的な本人性担保やガバナンスを重視する場合は、このタイプが最適です。
一方契約印タイプは、メール認証による本人確認のみで電子的に署名します。
本人確認がそれほど厳しくないので、契約相手の手間や負担を軽減できます。
このように2種類のサービスがありますが、信頼できる電子契約サービスを選びたいのであれば、実印タイプを選ぶべきです。
かなり浸透してきたとはいえ、電子契約に不信感がある人はまだまだ多いのが現状です。
そのようなとき国の機関の確認があれば、相手に安心感を与えられます。
もちろんガバナンス重視という面でも、企業イメージのアップというメリットがあります。

電子契約に関する情報サイト
電子契約について詳しく解説

当サイトは在宅ワーク時代に必須ともいわれている、電子契約の豆知識から基本情報までご紹介いたします。これから導入を検討しているけれど、初めてなので不安だというのであればぜひ参考にしてみてください。電子データで契約をするサービスを利用することで得られるメリットとはなにかも解説しています。さらに電子データでの契約導入で得られる具体的な安心や信頼性に関しても触れているので、詳しく知りたい人におすすめです。

Search